献血支援活動

 血液は、全身の細胞に酸素を運搬する等の重要な働きをしています。その血液が、病気や薬の影響で十分に体内で作ることができなくなったり、事故や手術等で大量に出血した時などに輸血をする必要がありますが、このための血液を確保する目的で日本赤十字社が献血事業を行っています。
私達、山形霞城ライオンズクラブは日本赤十字社に協力し、街頭での献血の呼びかけや献血者への粗品の贈呈等を通じて支援活動を行っています。

 山形県内にある56のライオンズクラブも同様の支援を行っており、毎年「1万人献血支援」を目標に掲げていますが、私達、山形霞城ライオンズクラブは、そのうちの10%強にあたる1,000人〜1,500人の方々に献血支援を行っており、クラブ奉仕活動の最も大きなアクティビティの1つになっています。

 イオン南店、北店での街頭支援の他、各企業・団体に出向いての支援も行っています。各企業において社会奉仕活動の一環として献血を検討される場合は、ぜひ日本赤十字社へご連絡ください。